東京にあるマンスリーマンションを借りて悠々自適な生活をゲット!

外観

工事業者で東京での宿泊費用を削減するならマンスリーマンション

東京都内で工事請負を行う業者にとって悩ましいのが、社員が滞在する際の宿泊費用です。地方のビジネスホテルなら1日あたり4000円程度ではあるものの、東京都内ともなると2倍近い金額になります。さらに長期に亘る工事請負の場合、滞在費用の負担が増えてしまうため、利益も減ってしまいます。そこで、社員の滞在先にマンスリーマンションを検討してみませんか?
マンスリーマンションには、2名で利用できる物件も多数あります。マンスリーマンションに2名滞在した場合でも、ビジネスホテルのように2名分の宿泊費用がかかるということもなく、利用料の割増と水道光熱費の追加になります。また、東京都内でも2DKなどのように2部屋となりプライバシーを保てる物件も多数あります。これまで2倍必要だった宿泊費用が1.5倍以下に抑えられるといったメリットもマンスリーマンションはあります。
また、マンスリーマンションは専門の不動産業者へ相談することで法人借り上げも可能です。請負工事で社員が複数滞在する場合でも同じ物件に滞在することができ、労務管理も行い易くなります。また、郊外のマンスリーマンションなら東京都内でも駐車場付きの物件も多く、社員の移動に車を使用しているという場合、駐車場代を節約することもできます。

引っ越し後の面倒な手続きも生じない東京のマンスリーマンション!

引っ越しシーズンになると、引っ越し業者が繁忙となるだけでなく、アパートやマンションから転居も難しくなります。その結果、東京都内に就職や進学、転勤となった際には仕事が始まる前日や入学式前日となり、バタバタとしてしまいます。その際に手間となるのがライフラインの手続き関係です。そして、手続きに関する問題がマンスリーマンションでは生じません。
東京都内に引っ越しする際、電気・水道・ガスといったライフラインの手続きも必要です。電気は予め電力会社に手続きが行えるものの、水道は水道局や市町村で手続きを行う必要があります。また、ガスの場合はガス会社と立会いのもので確認作業があるため、勤めている方は休暇をとって手続きを行う必要があります。
しかし、マンスリーマンションなら電気・水道・ガスの手続きを自分で行う必要がなく、入居して直ぐに使用することができます。そのため、東京都内に引っ越ししたものの、水道局やガス会社も繁忙で水道とガスが使用できないといったこともマンスリーマンションならありません。
引っ越し後、時間的な余裕が殆どない、新入社員で直ぐに研修となり休暇を取得できないなどの問題を抱えている方は、マンスリーマンション専門の不動産業者へ相談してみてください。

東京のマンスリーマンションを十分に利用する

1日、2日の東京への出張であれば、それこそホテルでよいでしょうが中長期的な場合はホテル暮らしは莫大な費用がかかることになります。長期といっても年単位であれぱそこまで問題にはならないです。物件を借りればよいだけの話であるからです。2年縛りであるところが多いですが、会社としても東京の賃貸マンションなりアパートに住むようにしてくれるでしょう。
保証人などの問題もあるでしょうが会社の都合ですから、交渉次第でその手の負担はすべてしてくれる可能性が高いです。このように長期的な出張というのは、基本的にそこまでの心配はないです。むしろ、数ヶ月単位の出張の方が大変です。賃貸マンションを借りるほどではなく、またホテル暮らしでは高くつきます。
そこでよいのが東京のマンションはマンションでもマンスリーマンションです。マンスリーならば月単位で借りることができますし、非常にコストをカットできるようになります。家具や家電が最初から揃っていますから、マンスリーは極めてお勧め出来る東京での住み方であるといえます。細かいところに拘ると言うよりは出張の際に立地が良いところにしたほうがよいでしょう。それが選び方のコツになります。数カ月単位であれば通勤のし易さこそが、重要な要素になります。


快適なマンスリーで東京を快適に過ごしませんか?長期で東京に滞在するなら圧倒的にマンスリーマンションがお得です!【アットイン】ならそんなマンスリーを探してくれますよ!

INFORMATION

TOP